お茶の冬越し前の作業

2011.10.06 10:07|まこっこ日記
最近、更新が出来てませんでした。
それも先週は1週間まるまる熊本のほうへ行っていました。
姉が第三子を出産したのですが産後のオーバーワークでピンチとのことで家事手伝いで出張してました。
お義兄さんはただいま稲刈りで一番忙しい時期なもんで。

3歳と2歳の子どもの世話と家の掃除、料理、洗濯は思った以上のハードワークで主婦の皆さまには頭が下がりました。
滞在中は自家製ピザや、カボチャ丸ごとグラタンなど作って楽しく過ごさせてもらいました。
また不在中にはカーちゃんはじめカーちゃんの実家にもお世話になり農園の切り盛りしてもらい感謝です。

帰ってきて早々、お茶の冬越し前の準備を始めました。
お茶は平均気温18度を下回ると樹の活動を休み始めます。その時期が整枝といって枝を切る時期になります。
枝を切る前にお茶の樹の間の通路をきれいにする裾刈りという作業をします。

裾刈り前
裾刈り前

裾刈り中
向かって右側だけ裾刈り終わってます

裾刈り後
裾刈り後です

裾刈り機
これが裾刈り機です。
この機械は片面だけで向かって左側だけしか刈れません。だいたいは両面がり、左右両方刈れる機械が一般的です。

裾刈りが終わると通路がきれいに出来て気持ちがいいんです。
明日までには全部終わる予定です。
土曜日からは仮整枝します。
温度はまだ下がりきっていないので葉っぱの上のほうの分だけのけて本整枝がすぐ出来るようにします。
スポンサーサイト

コメント:

先日はありがとうございました。

12日はお忙しい中会って頂き、ありがとうございました。小野地区の先輩として、今後ともご指導宜しくお願いいたします。
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
前回記事


複眼RSS

プロフィール

まこっこ農園

Author:まこっこ農園
父親 2年生
農業 3年生

最新記事

カテゴリ

来園者さまたち