FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲刈りに初挑戦

2013.11.08 06:44|かあちゃん日記
もち米の稲刈りのお手伝いに行ってきました。なんと手刈り!

場所は永山本家酒造場。
自家用で作っているもち米ですが、排水が悪く地がぬかるんでいるためコンバインが入らず、最終手段の手刈りとなりその助っ人としてお手伝いに。


まさに、黄金色!


これが大好きなお餅になると思うと
見てるだけでウキウキします♫
きな粉もち食べたいなぁ。


三人で五畝ほどを一時間半。
足がぬかるみにとられて多少動きにくさはあったものの、夢中で刈り取りあっという間に終了。
三人の力でみるみるなくなっていく達成感、一人でする作業よりとっても楽しかったー!


ほんとははざ掛けして天日干ししたいところですが、やっつけ仕事ということですぐに脱穀に。

コンバインの力を借りて、稲の束を少しずついれていき、モミと稲藁に分けられます。
なんとすごい文明の利器だなぁと感じる瞬間。数十年前までは全部稲刈りから脱穀まで一つ一つの手作業だったわけですから。


たまったモミを袋に移します。
これも機械で一瞬。
重い袋を取り外したり抱えなくていいので体も楽。


しめて11袋。
ここまでで二時間半。

あとはコンバインを洗って終了。

日本の米作りはほぼオートメーション化され、省力技術の結晶。兼業でも歳をとっても続けられる理由がここにあります。
それが悪いことではないのだけど、昔ながらの手刈り、ハザ掛け、脱穀、籾摺りの苦労も忘れてはいけないと思う今日この頃。そういえば八年前に一度やったこともありました。

もちろん毎食、食卓にのぼる食材すべて人の手がかかってたどり着いたものばかり。そのおかげで美味しく食べられる気持ちをいつも忘れないようにしたいなと思います。

「(いのちを)頂きます」
「(この食のために昔で言う馬に乗って食材確保のために走り回って(馳走して)くれた皆々様に感謝して)ご馳走さまでした」

言葉の意味をかみしめながら、
今日もしっかり食べて一日元気にがんばります!


☆今日のオマケ写真☆

これマントよー!
と自分でアレンジ?して登場したこーくんアンパンマン。
えーっと、ベストの腕がよぅ頭にはいったねf^_^;)


昨日母と妹の三人でNPO法人ぐうですぐうが運営するバルミエールでランチ♫こんなカプチーノでてきたら嬉しくてテンションあがりますよね♪( ´▽`)

そこは就労継続支援事業所でもあり、農業生産から農産物加工、カフェ運営、芸術活動などいろんな経験が積める場所でもあります。
今後の自分達の活動や展開含め勉強になることも多く、刺激を受けてきました。
やるぞー!
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

05 | 2019/06 | 07
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
前回記事


複眼RSS

プロフィール

まこっこ農園

Author:まこっこ農園
父親 2年生
農業 3年生

最新記事

カテゴリ

来園者さまたち

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。