FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の振り返り、そして来年へむけて

2012.12.12 23:08|まこっこ日記
少し早いですが、今年の振り返りをしてみます。
まこっこ農園には現在二つの部門があります。

① 茶業部門
② 野菜部門

部門ごとに振り返りたいと思います。
日をまたいで振り返るかもしれません。(始まる前から言い訳がましくすみません)

① 茶業部門

害虫にやられた年でした。
一番茶ではダニ、二番茶ではハマキムシに。
特にハマキムシにはコテンパンにやられました(*_*)
収穫期以降はピタッと虫もおさまるのが悔しいですね。

収量は一番茶は昨年より少し減りました。というのも、ダニの発生で新芽がやられる前に芽が伸び切らず収穫したものです。
しかし、単価の高いときに収穫が終えることができ、売り上げは変わらずホッとしました(^-^)/
二番茶は増収しました。茶工場の受け入れがパンク状態で一日に受け付ける量が制限されたおかげで一番茶のときとは逆に芽がどんどん伸びて収穫量は増えました。収量が増えるのは必ずしもいいことではありません。適期を逃すと葉が硬くなるからです。製品の品質が下がります。なので単価も下がります。これも増収しても売り上げはそこまで、変わらずでした。

夏場以降は野菜に追われて、まともな管理が出来ませんでした。最低限の管理で乗り切りました。ただその割には秋の園相(茶園の状態)は悪くはないかなと思ってます。良いとも思ってないのですが~_~;

来年の目標は生産としては最低限、現状維持。とにかく、病害虫は要注意です。
チャレンジとして、手揉み茶をやります。手揉み技術は難しく何十年と経験し体得して今日まで継承されています。
その世界に入ろうと思います。

というのも、茶業は経営、労働ともにキツイところがあります。しかし、キツイだけで、しのいで行くのではなくとにかく茶業を楽しみたいと、最近思いはじめました。
冬はご承知のとおり酒蔵へ出ています。そこで、学び考えることが多くあります。そんな中出てきた思いです。
人間ではコントロール出来ない天気を相手に茶を育て、加工し、飲むお茶。
そんなお茶を楽しみたいと思った、茶栽培三年目の終わりです。

明日も酒蔵がありますので、予定どおり続きは明日へ~_~;


最近、お人形さんを寝かしつけるのが好きな、こーくんです(^-^)/
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント

02 | 2019/03 | 04
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
前回記事


複眼RSS

プロフィール

まこっこ農園

Author:まこっこ農園
父親 2年生
農業 3年生

最新記事

カテゴリ

来園者さまたち

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。